【副業】Uber Eats(ウーバーイーツ)に年末調整は必要?

Uber Eats(ウーバーイーツ)を副業としている方は多くいると思います。

その方たちが気になってくるのは年末調整だと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではどのようにして

年末調整の書類をもらえばいいのかわからないという方もいると思いますが

Uber Eats(ウーバーイーツ)には源泉徴収票などはありません!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人事業への報酬なので

しなければいけないのは確定申告です!

副業でされている方も確定申告をしっかりすることで

会社にバレないようにすることも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬は年末調整できない!

Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬は年末調整はできません。

先ほども説明した通りUber Eats(ウーバーイーツ)での報酬は

個人事業への報酬となるので確定申告をしなければなりません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)などのフードデリバリーサービスを

本業としている方は年末調整などは関係なく確定申告となります。

本業を会社員やバイトという方はUber Eats(ウーバーイーツ)等で

年間20万円以上稼いでいるという方は会社で年末調整

副業で確定申告といった形になります。

副業が年間20万円以下といった方は確定申告せずに

年末調整のみで大丈夫です。

ですが住民税の申告は必要になります。


  1. 年末調整はUber Eats(ウーバーイーツ)にはない
  2. 副業として20万円以上を超えるなら確定申告
  3. 20万円以下でも住民税の申告は必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)等で年間20万円以上稼いだら確定申告が必要

副業や個人事業という扱いになるので年間で20万円以上稼ぐと確定申告が必要

Uber Eats(ウーバーイーツ)では年間で20万円以上稼いだ場合

確定申告の必要がでます。

こちらは本業として、副業として関係なくです。

20万円ほどならしなくても何もなかったという方もいらっしゃいますが

数年後に税務署に指摘される可能性もあるので

必ず確定申告をすることをおすすめします。

副業でされている方でそこまで売上がない方は白色申告で申告するのが簡単です。

副業として20万円以上稼いでいなくても経費が多いなら確定申告することで節税も可能

20万円を超えていなくても経費にできるものがあり副業として

赤字になるのなら確定申告をすることで税金が還付金として返ってきます。

本業と合わせて副業分の赤字が収入から引かれるので

税金が少なくなるという仕組みです。

経費を扱うとなると白色申告でもいいのですが

バイクの購入費用など10万円を超える買い物をした時に

一括で経費として計上できないので

青色申告という形で確定申告をすると

一括で計上できるのでお勧めです。

青色申告をするには開業届を提出する必要がありますが

開業freeeを使うことで

簡単に提出できるのでこちらもチェックしてみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)専業・副業5分で開業届を出せる!?

副業として行っている方は源泉徴収票に書いてある金額を確定申告書に書くだけ!

副業としてされている方も源泉徴収票があれば

確定申告書に金額を記入するだけで確定申告は可能なので

しっかりと確定申告を行ってください。

会計ソフトfreeeを使うことで確定申告を簡単にすることができ

なおかつ会社にばれたくないという方は

確定申告書の作成画面で副業の方には重要な

住民税の徴収も自分で納付を選択して提出することが可能ですので

会社にバレにくく副業をすることが可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の年末調整は不要!だけど確定申告はしっかり行おう!

 


  1. 20万円以上稼いだらしっかりと確定申告を!
  2. 20万円以下でも経費が多いなら確定申告で節税を!
  3. 確定申告は簡単!会社にバレない方法も!

 

今回は説明した通りUber Eats(ウーバーイーツ)での年末調整は

必要ないですが確定申告はしないといけないということを説明しました。

確定申告は会計ソフトfreeeを使うことで簡単にできるので

使用されることをお勧めします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの確定申告