【学生必見!!】Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ場合は103万円まで?

Uber Eats(ウーバーイーツ)を学生で始めたい、既にしているという方は

親の扶養から外れないために金額を調整などしないといけないですよね。

一般的に給与所得は103万円までと知られていますが

Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合はどうなのだろうと考えますよね

結論から言うと103万円ではありません!

Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくらから扶養から外れる?

先に説明すると45万円までにすると住民税もかからなくなるので

45万円と48万円が税金を多く払わないで稼ぎたいという方のボーダーラインになります。

今回は48万円の方で計算をしていきます。

一般的な103万円の壁と呼ばれる場合

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐ人で扶養に入っている方は

48万円を超えると扶養から外れることになります。

なぜ103万円ではないかというと

Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬は

給与所得ではなく事業所得または雑所得になるためです。

よく言われる103万円というのは

給与所得控除で55万円が控除されて合計所得金額が48万円になる金額です。

給与所得給与所得控除合計所得金額
103万円55万円48万円
という計算になっています。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合は給与ではないので
この給与所得控除が適用されないため48万円までとなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)アルバイトと掛け持ちをしている場合は?

それではUber Eats(ウーバーイーツ)と掛け持ちでアルバイトをしている方の場合です。

要は合計所得金額が48万円以下になれば扶養からは外れないので

アルバイトが55万円

Uber Eats(ウーバーイーツ)が48万円

これだと所得金額が48万円になるので大丈夫です。

給与所得給与所得控除+事業所得または雑所得合計所得金額
55万円55万円48万円48万円

このような計算になるので結局は合わせて103万円になります。

ここまでが扶養から外れない計算で稼げる金額です。

扶養から外れて稼ぐには

ここからは扶養からは外れることになりますがたくさん稼ぎつつ

税金を抑えたいという方必見です。

学生でUber Eats(ウーバーイーツ)をしている場合は?

学生でUber Eats(ウーバーイーツ)をしている場合になります。

学生の場合は勤労学生控除というものがあり27万円控除されます。

勤労学生控除の要件


  • 「勤労による所得」がある
  • 「勤労による所得」以外の所得が10万円以下
  • 「合計所得金額」が75万円以下
  • 「特定の学校」の学生であることが条件

1.「勤労による所得」がある

「勤労による所得」には給与所得、事業所得、雑所得が含まれるので

アルバイト、Uber Eats(ウーバーイーツ)をしていても大丈夫です。

家賃収入や株の配当金のみで収入を得ていなければ使えるということです。

2.「勤労による所得」以外の所得が10万円以下

「勤労による所得」以外の所得が10万円を超えたら使えないということです。

学生だとギャンブルなどの収入も入るので気を付けましょう。

3.「合計所得金額」が75万円以下

「合計所得金額」が75万円以下ということなので事業所得や給与所得が

75万円を超えなければ大丈夫ということです。

控除後の金額で判断します。

4.「特定の学校」の学生であることが条件

小中高に加えて高専、大学などと名の付く学校は

特定の学校に含まれると考えて大丈夫です。

専門学校や職業訓練校などは当てはまらない場合もあるので学校などに問い合わせましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)アルバイトと掛け持ちをしている場合(勤労学生)

Uber Eats(ウーバーイーツ)に加えてアルバイトもしている場合

アルバイトの収入は給与所得控除で55万円

給与所得事業所得基礎控除勤労学生控除48万円27万円引かれます。

イメージとしてこのような形だと思ってもらえれば計算はできます。

給与所得控除は給与所得のみから引かれるので事業所得は引かれないので注意してください。

アルバイトよりUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎたいという学生は48万しか稼げない?

これまで説明してきたように扶養などを考えると48万円が限度という形ですが

Uber Eats(ウーバーイーツ)は事業所得になるので確定申告時に

青色申告で確定申告をすることで事業に使ったお金を経費として

申告時には最大65万円の控除を受けることが可能です。

これはどういうことかというと

勤労学生控除を使う場合最大140万円は税金がかからないということです。

扶養に入ったままで考えると事業収入から必要経費を引いて

青色申告特別控除の65万円を引いて48万円になれば大丈夫ということです。

扶養内だと113万円がボーダーラインですね。

青色申告をするには開業届を提出しなければなりません。

開業届の提出方法は開業freeeを使った記事を書いているのでこちらを参考にしてください。

5分で出せる開業届!開業freeeの使い方

学生がUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐには

学生が扶養に関わらず稼ぐには開業届を提出して確定申告を行うのが

一番稼げる手段だと感じます。

学生の頃からお金の流れを見れるというのは将来的にも役に立ちます。

確定申告も会計ソフトfreeeを使うことで簡単に行うことができるので

是非青色申告で確定申告を行うことをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で確定申告