【例あり!】Logicool OptionsでM575Sを使いこなす設定方法!

とても便利なトラックボールマウスM575sですが
Logicool Optionsを使うともっと便利に使えるので
今回はLogicool Optionsを使ってM575sを便利に使う方法を
記事にしていきます!
この記事を読むとLogicool Optionsの設定や
Logicool Optionsでできることがわかります!

Logicool Optionsで設定可能なこと

  1. 各ボタンのキー割り当て設定
  2. 各アプリケーションごとのキー割り当て設定
  3. ジェスチャーボタン設定
  4. バッテリー残量低下時の通知
  5. Flow機能
  6. Duolinkの設定
  7. デバイス設定のバックアップ

Logicool Optionsの魅力としては①、②のキー割り当て設定ができることだと思います。

Flow機能やDuolinkに関してはM575Sでは使えない機能ですので説明のみにさせて頂きます。

各ボタンのキー割り当て設定

Optionsキー割り当て設定

簡単に説明すると「進む」「戻る」といったショートカットキー

などをマウスで行えるような機能になります。

左下の「左/右ボタンのスワップ」を使うことによりクリックなどを

逆に設定することもできるのでM325tなどのマウスで使える機能ですね!

各アプリケーションごとのキー割り当て設定

Options アプリケーションごとのキー割り当て設定

この機能は、アプリケーションごとにキー割り当て設定を行える

とても便利な機能です。

私でいったらChromeでよく使います。

私の設定はあとで紹介します。人それぞれでよく使うショートカットキーなどを

割り当てることでかなり便利になる機能になっています。

ジェスチャーボタン設定

Options ジェスチャーボタン設定

ジェスチャーボタン設定はM575Sの場合だとホイールボタンが

ジェスチャーボタンになっています。

トラックボールのマウスだとトラックボールを指定の方向に動かすことで

機能を使うことができるので、マウスから手を離さずに作業をすることも可能です。

バッテリー残量低下時の通知

Options バッテリー残量低下時の通知

使用しているデバイスのバッテリー残量低下時に通知をする設定になります。

M575Sは電池で動いているのでもし電池が切れた時は充電などはできないので

この機能があると電池切れの心配がなくなりますね。

MX Master3などの充電ができるタイプのマウスなどでも

活用できそうですね!

Optionsの設定

こちらの初期画面の増加というところをクリックしてもらうと

こちらの画面に行くことができます。

Flow機能

Flow機能はWindows、Macなど問わず3台までのPCを

1個のマウスでコントロールすることを可能にした機能です。

複数のPCを持っている方では使わない機能ではありますが

PCを複数台持っている方にはとても便利な機能であることは確かです。

Duolinkの設定

DuolinkとはDuolinkに対応したマウスとキーボードを使うことで

より多くのキー割り当て設定を行うことができる

より便利にLogicool製品を使う機能になっています。

対応しているキーボードはLogicoolの中でも高価なものが多いので

持っている方やこれから買う方は対応しているかを確認してみましょう。

デバイス設定のバックアップ

Options デバイス設定のバックアップ

デバイス設定のバックアップも行うことが可能です。

せっかく登録した設定を新しいPCなどでまた再設定をするのは

とてもめんどうですよね。

そんな時はこちらの機能を使えば簡単に設定することも可能です。

Logicoolに登録するだけで簡単に使える機能なのでぜひ利用しましょう!

ERGO M575Sの設定方法

キー割り当て設定の一覧

進むアプリケーションを切り替える
戻るウィンドウを最大化
次のトラックウィンドウを最小化
[スタート]メニューウィンドウを閉じる
Cortanaキーストロークの割当
Media PlayerこのPC
Webページを開くコピー
Windows設定サインアウト
アクションセンタージェスチャーボタン
アプリケーションの起動シャットダウン
ズームをリセットトラックボール感度
スリーブピクチャ
タスクビュービデオ
ダブルクリックファイルを開く
デスクトップ(前へ)フォルダを開く
デスクトップ(次へ)プリントスクリーン
デスクトップの表示/非表示ホーム
デスクトップをクローズボリュームアップ
デバイスボリュームダウン
ドキュメントミュートサウンド
モディファイキー前のトラック/巻き戻し
やり直す右クリック
ロック右スクロール
中央ボタン左クリック
停止左スクロール
元に戻す拡大
入力言語新しいデスクトップ
再生/一時停止新しいブラウザタブ
切り取り検索
前のトラック次のトラック/早送り
画面を切り替える電子メール
縮小音楽
貼り付け高度なクリック
電卓なし

これらがキー割り当て設定で使える機能の一覧です。

キーストロークの割り当てもあるのでショートカットキーなども登録できるので

使い方は無限大だと思います。

ERGO M575Sの設定例

Google Chromeの設定

ChromeのOptions設定

まずは左クリックの近くにあるボタンですが

ここは進む/戻るで設定をしています。

コピー/ペーストに一時期はしていたのですがあまり使わなかったので

こちらの設定に戻しました。

ChromeのOptionsジェスチャーボタン設定

続いてはジェスチャーボタンの設定です。

全部キーストロークの割り当てにしています。

一つずつ説明していきます。

  • ↑ Ctrl+R 現在のページを再読み込みする
  • ↓ Ctrl+W 現在のタブを閉じる
  • → Ctrl+Tab 開いている次のタブに移動する
  • ← Ctrl+Shift+Tab 開いている前のタブに移動する
  • 〇 Ctrl+T 新しいタブを開いてそのタブに移動する

このようなキーストロークの割り当てをジェスチャーボタンに設定しています。

他のアプリ等で使うと便利そうな設定

設定はたくさんあるのでじっくりと見ていたのですが

「左スクロール」「右ストロール」

上記の2つはExcelを使う方にはとても便利なのではないでしょうか?

ジェスチャーボタンを押しながらボールを回すだけでスクロールが可能になるので

スクロールバーまでカーソルを移動しなくても動かせるようになります。

「ミュートサウンド」

これも便利です。

音楽を聴きながらブログを書いているのですが

急な電話などがあった時にサッとミュートできるので

とてもよかったです!

まとめ

Logicool Optionsを使うことでLogicool製品のマウスM575sを

使いこなすための設定を紹介しました。

Logicoolのキーボードもマウスもこれで設定をして

ばっちり使いこなしましょう!

トラックボールは掃除もしっかりとしましょう!

合わせて読みたい

先日購入したLogicool ERGO M575Sなのですが使っていると最初のころよりトラックボールの動きが悪くなってきました。なんでだろうと思いトラックボールを外してみると大変なことになってました。掃除を行うことで[…]