トラックボールデビュー!Logicool ERGO M575Sをレビューしてみた!

元々使っていた「Logicool G300Sr」が約7~8年間使っていたのですが

ついにクリックしたらダブルクリックしてしまう仕様になってしまいました。

これを機にマウスが壊れたら欲しかった

トラックボール型のマウスを購入してみました。

元々ロジクールマウスを使っていたこともあって

次のマウスもロジクールにしようと決めてはいましたが調べていると

最近新しく出た

Logicool ERGO M575S

を選びました。

Logicool ERGO M575S

 

Logicoolのトラックボールマウス

元々のモデル「M570/M570t」から約10年ぶりの刷新で

大幅に機能がアップグレードした商品になります。

私はこれ絶対買うべきだと思います!

メリットデメリット
とにかく疲れないなれるまでに時間がかかる(個人差あり)
接続が簡単ゲームはしにくい
ショートカットキー使いやすい

掃除が必要

特にゲームをしなくなってからネットサーフィンばかりですが

マウスを動かす手がいつも疲れていたのに

Logicool ERGO M575Sに変えてからは全然疲れません!

 

Logicool ERGO M575S スペック

センサーセンサーテクノロジー:ロジクール アドバンス オプティカル トラッキング
公称値:400dpi
最大値:最大2000
ボタンボタン数:5個(左/右クリック、戻る/進む、ミドルクリック付きスクロールホイール)
電池バッテリータイプ:単三形乾電池x1(同梱)
電池寿命(USBレシーバー使用時):最長24ヵ月 7使用状況により異なる場合があります。
電池寿命(Bluetooth使用時):最長20ヵ月
接続タイプ2.4 GHz USBレシーバー
Bluetooth low energyテクノロジー
ワイヤレス通信可能範囲:10 mのワイヤレス動作可能範囲
ソフトウェアmacOS 10.14以降およびWindows 7、Windows 10以降のLogicool Options™ 対応

Logicool ERGO M575Sのレビュー

1.トラックボールの操作感が良い

トラックボールの不快感がなく、程よく回り、程よく止まるといった感じでしょうか

初めてのトラックボールですがかなり使いやすいような気がします。

慣れも必要ですがこれはかなりいい買い物をしたかもしれません。

2.便利な接続方法2つで接続可能

接続に関してはBluetoothか付属のUSBレシーバーでの接続が可能です。

USBレシーバーを使う場合は

専用アプリ「Logicool Options」をインストールすることで使用することが可能です。

2つの接続方法があるので1つのマウスを2台のパソコンで使うことが可能です。

単三電池の下に見えるやつがUSBレシーバーになります。

電池の上の小さめのスイッチで電源のオンオフ切り替えと

USBレシーバーかBluetoothの切り替えができるようになっています。

3.コンパクトで軽い!

Logicool ERGO M575Sはトラックボール型のマウスの中では

コンパクトで軽量な方になっているので

携帯するのも考えられるのではないかと思います。

出先で使う時は普通のマウスの方が軽いしその時は我慢して普通のマウスを使うかも…

4.トラックボールの掃除が簡単に!

手入れが簡単!みたいな感じの説明にある通り

トラックボールのクリーニングが簡単に出来るようになったようです。

トラックボールは指紋やホコリなどによる汚れがついてくると

マウスの反応が悪くなります。

定期的に掃除をすることで問題等なく使用できるとの事です。

こちらの商品は押し出すだけで簡単にボールを取り外すことが出来るので

気軽に掃除をすることが可能です。

私は面倒くさがりなのでほんとに反応が悪くなるまで

掃除をしない気がしますがそれは人それぞれですね。

合わせて読みたい

先日購入したLogicool ERGO M575Sなのですが使っていると最初のころよりトラックボールの動きが悪くなってきました。なんでだろうと思いトラックボールを外してみると大変なことになってました。掃除を行うことで[…]

5.トラッキングに慣れが必要!

トラックボールを使ったことのない私は初めてのトラックボールは

動きがスムーズすぎて使うのに慣れが必要だと思いました。

慣れれば簡単に使えるとは思うのですが

これに慣れるのは少し時間がいるかもしれません。

使いこなせるようになればかなり楽になるとは思います。

6.アプリで自分好みにカスタマイズ!

Logicool ERGO M575Sは専用アプリ「Logicool Options」で

自分好みにカスタマイズが可能です。

ポインタの速度からボタンの割り当て設定も可能です。

写真で紹介しているジェスチャーボタン

これ便利すぎます。便利とかのレベルではなく神です。

Chromeでのボタン配置を写真で載せていますがジェスチャーボタンを設定したボタンと

トラックボールを動かすだけで指定したショートカットキーを使うことができ

キーボードすら使わなくなりそうなレベルです。

自分好みの設定を見つけるのも楽しそうですね。

合わせて読みたい

とても便利なトラックボールマウスM575sですがLogicool Optionsを使うともっと便利に使えるので今回はLogicool Optionsを使ってM575sを便利に使う方法を記事にしていきます!この記事を読むとLo[…]

Logicool Options M575sを使いこなす 設定方法!

Logicool ERGO M575Sの注意点

専用アプリの「Logicool Options」をインストールして初めて使用するときに

製品強化にご協力ください

といった画面が出てくるのですが

この画面で分析データを共有するを選ぶとアプリが起動できない状況になる方が多いようです。

いいえ、共有しません

を選んでもらうと起動ができると思うのでもしアプリをインストール後

使用できない方がいる場合はこちらの設定をアンインストール後見直してみてください。

Logicool ERGO M575Sのまとめ

トラックボールマウス初めて使いながらの記事になりますが

記事書くのも少し早くなった気がする(関係ない)

使ったことない人も一度家電量販店とかトラックボール置いてそうなところに

触りに行くのもありかなと思いますよ。

しっかり消毒と感染対策していってくださいね!

合わせて読みたい

先日購入したLogicool ERGO M575Sなのですが使っていると最初のころよりトラックボールの動きが悪くなってきました。なんでだろうと思いトラックボールを外してみると大変なことになってました。掃除を行うことで[…]